朝5時台のウォーキングで気付いたこと

昨日、朝5時にウォーキングをしました。

 

寝たのは24時半、起きたのは4時半。寝不足です。

 

やりたいことを夜に閃いてしまって、早く起きないと仕方がない気持ちに

なってしまったからです。

 

時々そういうことがあります。

 

そういう日は、夜電気を消してもすぐに眠れなくて、ドキドキして、

頭の中でこれやろう、もっとこうしよう、とイメージが膨らんでしまうのです。

 

だから、朝早く置きたくて、ウズウズするような感覚です。

 

IMG_8155[1]

 

さて、5時いウォーキングをして感じたこと。

 

それは、「一日ってこんな時間から始まってるんだ!!」という感動。

 

5時の時点で歩いている人は意外といます。お年寄りの方が多いです。

5時から1時間ウォーキングをして、筋トレ、ストレッチをして

身支度まで終えて7時。

 

もう、「時間が無い!!なんて言えない」と思いました。

 

言い訳なんだな…って。

 

「まだ7時。なんでも出来るじゃん!」そう感じました。

 

 

実際、物事がすごくはかどって、最高に効率の良い1日になりました。

 

今日は5時半起きの、6時からウォーキング。

なんとか習慣まで定着出来ればいいな、と思っています。