また会いたいと思わせる、はじめましてのコツ

初対面の人が相手を評価するタイミング

「人の印象は出会って1秒で決まる」というようなフレーズを、

あなたも聞いたことがあると思います。

 

けれども、初対面の人があなたを評価するタイミングは、

最初だけではありません。最後にもあるのです。

 

今日は、初対面の人に「また会いたい」と思わせるコツを、

最初と最後の会話にフォーカスして、お伝えしていきます。

 

これは、友達作りだけでなく、恋愛や仕事など、人間関係の

全てに使えるコツです!

a1180_016140

はじめましてのコツ ー初頭効果ー

心理学の言葉に、

初頭効果 親近効果(終末効果)というものがあります。

 

初頭効果:出会いがしらの印象が記憶に残りやすい

親近効果(終末効果):終わりの印象が記憶に残りやすい

 

という意味です。

 

 

アメリカの心理学者 ティモシー・ウィルソンは、

「人は初めて出会った相手を、最初の2秒で値踏みする」

と言っています。

 

そして、人間は無意識のうちにたった1秒間で1万4000もの

視覚情報を取り入れて、「この人は優しそう」「雰囲気悪い」

「興味あるな」「暗い」といったおおよその印象を、

相手に対して作っています。

 

 

出会った時点で、好き嫌いの大体の印象は決まる、ということです。

 

ですので、出会いがしらの会話は、

開口一番のさわやかな挨拶 でスタートさせましょう!

 

 

この時、照れ、緊張、ぎこちなさは捨ててください。

照れや緊張は、相手にも遷るからです。

 

そして、1度決められてしまった印象を変えるのはとても難しく、

一番最初のタイミングで自分に好意を持ってもらうことが出来ないと、

その後も良い印象を持たせるのが難しいからです。

 

 

「~です、よろしくお願いします!(ニコッ)」←表情がポイント

 

これを、実践してみてください。

 

 

グループで会う場合は、出来れば率先して一番に言ってください。

 

なぜならば、

「この人が良い流れ作ってくれた」と、ムードメーカーの立場になれますし、

皆が安心することが出来るので、爽やかな挨拶の好印象に上乗せして

あなたの好感度がぐーんと上がってしまう、というわけなのです。

 

♡を鷲掴みにする、またねのコツ -親近効果ー

次は、会話の終わりで好印象を更に高めるコツです。

 

親近効果(終末効果):終わりの印象が記憶に残りやすい

をフル活用していきます。

 

しっかりとマスターして、♡を鷲掴みにしましょう。

 

 

仮にはじめましてに失敗したとしても、

別れ際にしっかりと相手にインパクトを与えることで、

その日のうちに挽回が可能です。記憶の上書きが出来ます。
「終わり良ければ全て良し」という言葉や

物語で言う「ハッピーエンド」は、この親近効果に由来しています。

 

 

良い終わり方をすることで、「また会いたい」と思わせることが出来ます。

終末効果と合わせて使って行きたいのが、「返報性の法則」です。

 

返報性の法則とは、相手から伝えられた気持ちをそのまま返そうとする

人間の習性です。

 

ですので、ぜひ取り入れて欲しいのが、好意を伝えるということ。

伝えられた好意は好意で返したい、と思わせるのです。

 

具体的には、会話の締めで、

1、まず、今日相手が言ったことで、何が印象に残ったかを伝えます。

「○○の話が、勉強になった、目から鱗だった、元気になれた、安心した」

 

これは、相手の言ったことをちゃんと聞いてましたよ、というアピールです。

人間は、自分の話を聞いてもらえると安心する、嬉しくなる生き物だからです。

 

2、その上で、「また会いたい」「好意がある」ことを素直に伝えます。

「ファンになっていいですか?」

「(今回相手の悩み相談に乗ったなら)こんどは僕の相談に相談に乗ってくださいね」

「今度は僕の行きたいとっておきの場所があるんで、そこに行かせてくださいね」

 

受け取ったものを、受け取ったままでいることを申し訳なく思ってしまう。

この返報性の法則を使って、相手に「お返しをしたい」と思わせるのです。

 

自分の気持ちに気付かせて、「また会いたい」を引き出す

ここまで、初対面での会話の出だしと締めのコツをお伝えしてきました。

 

特に締めで大事になってくるのが、

あなたの気持ちに気付かせる工夫をする、ということです。

 

今日は楽しかった、時間が過ぎるのが早かった、もっと話したい、会いたい。

当たり前ですが、言葉にして伝えないと、伝わらないのです。

 

雰囲気で伝わるとか、相手が気持ちを察してくれるなどということは、

最初のうちは考えないでおいて欲しいと思います。

 

 

ですので、相手の気分を良くした上で、

返報性の法則をうまく使って好意を伝えて会話を締める、というように

気持ちを言葉に乗せてみてください。

 

 

これで、「また会いたい」がぐっと近づきますよ♡